木で建てる昭和レトロ住宅の施工例
自然素材と国産無垢材専門:全国無料見積サービス

どこかホッコリ昭和レトロ住宅
無料見積を複数社に一括依頼! 昭和レトロ住宅とは、東京タワーや東海道新幹線に象徴される昭和30年代の高度経済成長期の文化を反映した住まいで、団塊の世代にとっては懐かしく、若い世代の方々にとって新鮮で落ち着く空間なのです。全国各地域で自然素材と国産材で建てたい方から『見積申込み募集中』です。

昭和レトロ住宅の特徴

昭和前半頃の時代までは、庶民にとっては貧しくもあり、不便な時代であったのですが、今から思えば、物事がゆっくりと流れ・近所の付き合いがあり・家族団らんが楽しくもあったのです。昭和レトロ住宅にはそんな時代の雰囲気が漂い、落ち着きがあります。小振りの家の茶の間には、丸いちゃぶ台・タイル張りの浴室・那智黒石の洗い出しの玄関・その時代の小物を適当に飾るのも楽しいものです。家の周りは板塀で囲み、庭には柿の木がシンボルツリーとしてあれば、かなりのマニアです。

昭和レトロ住宅ご契約の経緯など

愛知県東部の丘陵地に建てられたこちらの木造注文住宅は岐阜県産直建築会社で建てました。外観は平屋に見えますが、リビングの上が大きな吹き抜けの2階建てになっています。建築中にも近所の若い奥様達が「こんな木の家がほしかったけれど、高いでしょう?」と、興味深く見学していました。「非常に居心地が良いので、遊びに来た友人が夕食まで食べて、お風呂まで入って行く」と嬉しそうに話していらっしゃいました。今では奥様は古民具のコレクションを楽しんでいます。

昭和レトロ住宅データ

建築場所:愛知県瀬戸市
建築の階数:2階建て
間取り:3LDK・納戸2・吹き抜け
延べ床面積:138.70m2(41.94坪)
建築費用:約2,800万円 (※一切の費用を含む)
建築の形態:住居専用
建築の外観:昭和レトロ風(杉板張り・漆喰)
建築の内装:昭和レトロ風(腰板杉材・塗り壁珪藻土・床カラ松と杉)
主な使用木材:岐阜県産東濃桧・東濃杉・赤松・カラ松・ヒバ
完成引渡日:2007年(平成19年)8月
設計施工:岐阜県の工務店

見積申込み・ご相談方法

お客様の地元で公開募集お住まいの近くで、昭和レトロ住宅が建築可能な数社から見積プランを提案いたします。
あるいは掲載の業者を直接紹介名古屋市・愛知県(三河を除く)・岐阜県(西部を除く)とその周辺地域に限定。※見積申込みの際に、こちらのページアドレスか、ページタイトルを記入ください。
 昭和レトロ住宅、見積申込みはこちらから

流れ図
紹介建築会社様や設計事務所様には豊富な施工例がございますから、ご要望に近い施工例を見せていただくことができます(▼下の写真は当サイトが紹介した完成施工例の一部です)

昭和レトロ住宅の温もり(愛知県瀬戸市)

昭和レトロ住宅、外観
昭和レトロの家、玄関 玄関ポーチは『那智黒石の洗い出し』にしてあり、いかにも昭和レトロな味わいで、中高年にとっては懐かしく、世代の若い人にとっては新鮮で楽しいと思えます。

玄関灯もレトロで、玄関ドアにも昭和レトロ住宅の良さが充分に発揮されていると思います。引き違いドアにすると広く開閉できます。
レトロ風住宅、玄関ホール 玄関からキッチン方面を見る。

壁は、淡いベージュ色の珪藻土仕上げです。
昭和レトロ、リビング 昭和レトロ住宅の和室から階段とリビング方向を見たところ。

かなり広いうえ、吹き抜けになっていますから、夏は涼しいのですが、冬には暖房効率が悪くなることが予想されます。

しかし、こちらのお施主様は薪ストーブを設置される予定になっていますから大丈夫です。

木で建てる昭和レトロ住宅の施工例
自然素材と国産無垢材専門:全国無料見積サービス

前のページへ一覧表へ昭和レトロ住宅 次のページへ
ページ上自然素材住宅・国産材住宅 トップページ