格安ログハウスで田舎暮らし施工実例・施工実績
『自然素材住宅・国産材住宅専門:全国無料見積サービス』

格安ログハウスで田舎暮らし
岐阜県東濃地域の豊富な森林資源を使って、格安にログハウスを建てて田舎暮らしを実現させることは可能な範囲です。都市計画に入っていない田舎では法的な規制も少ないために国産材でログハウスを建てることが容易です。本ログハウスは岐阜県・愛知県周辺の地域限定で、『都市計画区域内』『準都市計画区域内』および『防火地域』『準防火地域』には建築できません。国産材ログハウスは法的規制のある地域(住宅の多い街中)では建てられません。

格安ログハウスで田舎暮らしの特徴

岐阜県の東濃地域周辺は銘木『木曽檜』『東濃檜』『東濃杉』の産地です。当サイトの紹介する国産材ログハウスは“薬剤浸けしていない”東濃産の檜・杉を使用しており、居住者の方々が、化学物質・農薬などによって免疫に悪影響を受けることがないように注意を払っております(※一般に「安心・安全」とうたっていても、防腐薬剤を注入してあるものは健康上の心配があり使用しておりません)なら比較的格安でログハウスが建ちます。岐阜県東濃地域の産直国産材、杉(75mm厚)・ヒノキ・松などをタップリ使っています。自然素材と左官工による漆喰や珪藻土の塗り壁仕上げで、吹き抜け天井には太い松の梁がナチュラル感と重量感を与えています。ビニールクロスや合板は使っていません。

格安ログハウスご契約の経緯など

お施主様はリタイアされたご夫婦で、国産材ログハウスは別荘として週末などにご使用されていらっしゃいましたが、そのうちに「やはり田舎暮らしがしたい」と転居してしまいました。大満足で、週末には名古屋のお友達が遊びにくるそうです。もちろん木の香りは十分です。その後、この家をモデルにして数多く建てられました。

格安ログハウスのデータ

建築場所:岐阜県中津川市
建築の階数:2階建て(ロフト使用)
間取り:3LDK(ロフト2)・吹き抜け
延べ床面積:72.6m2(約22坪)
建築費用:約1,600万円 (※外構工事費は除く、一切の費用を含む ※現在はこの価格ではできません
建築の形態:住居専用
建築の外観:ロッジ風(杉材ログ・漆喰)
建築の内装:ロッジ風(壁杉材ログ・床カラマツ・塗り壁珪藻土)
主な使用木材:岐阜県産東濃桧・東濃杉・赤松
完成引渡日:2005年(平成17年)春
設計施工:岐阜県の工務店

見積申込み・ご相談方法

お客様の地元で公開募集産直国産材で造る自由設計の家が設計施工可能な建築会社と建築家の40社前後(未登録も含む周辺地域)に見積参加の依頼をします。今までの実績では『適正価格以下』で契約しています。

このページ以外に、お客様の地元でご紹介する、各建築会社・各設計事務所には豊富で多種多様な施工例がございますから、見積参加業者が決まりましたら見せていただくことができます(▼下の写真は当サイトが紹介した完成施工例の一部に過ぎません)

格安ログハウスで田舎暮らし施工実例(岐阜県中津川市)

格安ログハウスで田舎暮らし TOP画像
格安ログハウスで田舎暮らし 画像 1階リビング。和紙の照明も似合い、イイ雰囲気です。格安ログハウスであっても、輸入材だらけの別荘に見せてやりたいほどの木材の量です。

レンガのある場所には薪ストーブが入る予定になっています。
格安ログハウスで田舎暮らし 画像 清潔感のあるバスユニットも入りました。
/
お風呂も「木で」といきたいのですがメンテナンスのことを考慮するとユニットバスの方が楽かも知れません。

もし、木の浴槽がほしい場合は『高野槙(コウヤマキ)』が『檜』よりも水に強く香りも優れています。床と壁には石材(御影石・十和田石)などが考えられます。
格安ログハウスで田舎暮らし 画像 2階の部屋に至る廊下から見たところ。吹き抜けなので、22坪ほどの住宅なのに広く感じます。

街中でこの板倉住宅を建てる場合は『防火規制』があると建てられない地域があります。その場合は外壁にサイディングか、錆びに強いトタンを張るなどの防火構造にしなくてはいけません。難燃材を使う会社もあります。

格安ログハウスで田舎暮らし施工実例・施工実績
『自然素材住宅・国産材住宅専門:全国無料見積サービス』

格安ログハウスで田舎暮らし 前のページへ注文住宅施工実例 一覧表へ格安ログハウスで田舎暮らし 次のページへ
自然素材住宅・国産材住宅 トップページ