伝統構法で建てるモダンレトロ風住宅
自然素材と国産材住宅専門:全国無料見積サービス

伝統構法のモダンレトロ風住宅
無料見積を複数社に一括依頼!伝統構法にも幾つかの建て方があり、こちらは伝統板倉工法を基本に骨組みしてお城のような頑丈な造りに、モダンレトロ風スタイルで建てました。全国で自然素材と国産材で建てたい方から『見積申込み募集中』です。

モダンレトロ風住宅の特徴

大正から昭和にかけて『モダニズム建築(近代主義建築)』を学んだハイカラな建築家や大工の間で西洋建築が大いにもてはやされるようになってきました。この「モダンレトロな暮らしを住まいに取り入れたい」人たちがいます。レトロであっても高級感ある和洋折衷の住まいになります。『西洋風』に近いものから『和風』に近いものまであり好まれています。

ご契約の経緯など

2013年夏頃に神奈川県大和市から「古民家風スタイル・本物志向だから・自然素材と国産材を使用するから ・合板だらけの家がイヤだから・伝統工法の家に関心があるから ・サイトが信用できそうだから」とのことで見積依頼がきましたが、当初のご予算が関東では難しく、そこで知っている三重県の伝統工法専門の工務店に依頼しました。

その後、お施主様のご要望・予算・工期がドンドンと膨らんでいき、大きな邸宅になってしまいました。加えて、銘木や凝った造作を採り入れて立派なお宅に仕上がりました。

関東は国産材で建てる業者は少なく、建築相場も高いことから、三重県産の材木と業者(大工工事は地元)が遠隔地から来ても出来たと理解しております。

モダンレトロ風住宅データ

特筆ポイント:たっぷりの三重県産材を使って、頑丈に組んだ伝統板倉構法に、銘木やモダンレトロな造作を随所に採り入れた個性的な造りになっています。
建築場所:神奈川県大和市
建築の階数:2階建て・二世帯住宅
間取り:8LDK+トイレ3+洗面3+浴室1+シャワー室1+納戸
延べ床面積:245m2(約74坪)+ロフト
建築費用:お施主様都合により非公開
建築の形態:伝統板倉工法
建築の外観:モダンレトロ風(外壁サイディング)
建築の内装:モダンレトロ風(杉無垢フローリング・漆喰)
主な使用木材:主に三重県産、桧・杉・栗・こぶし・他
オプション:造作家具・薪ストーブ
完成引渡日:2016年(平成28年)5月
設計施工:三重県の設計事務所と神奈川県の工務店

見積申込み・ご相談方法

お客様の地元で公開募集伝統構法のモダンレトロ風住宅が得意な工務店と設計事務所の40社前後(未登録も含む周辺地域)に、当サイトから見積参加の打診をします。前例において『適正価格以下』で建築しています。

紹介建築会社様や設計事務所様にはモダンレトロ風住宅の施工例がございますから、ご要望に近い施工例を見せていただくことができます(▼下の写真は当サイトが紹介した完成施工例の一部です)

モダンレトロ風住宅を伝統構法で(神奈川県大和市)

モダンレトロ風住宅、外観
伝統構法レトロ風住宅 上、密集地域で狭小住宅が多い中での、こちらの大きな住まいは、工事当初からかなり目立っていました。

左、煙突があるので外観は北欧スタイルでもあり、外回りは防火サイディングです。
伝統構法の玄関 玄関は斜め市松模様の三和土(たたき)は京都産の深草土です。大小の砂利が表面に出て味わいがあります。文化財の建造物修復に用いられるとのこと。

式台は耳付きのトチ材、上がり框は堅いクリ材、腰壁には竹を張って、伝統的な数寄屋スタイルも採り入れました。全体的には伝統構法のモダンレトロ風住宅です。
モダンレトロ室内 玄関ホールから見た玄関。格子の三枚開き戸は開放的で明るい。

室内建具も細かい格子で、レトロな雰囲気がどこか懐かしい。

伝統構法で建てるモダンレトロ風住宅
自然素材と国産材住宅専門:全国無料見積サービス

前のページへ一覧表へモダンレトロ風住宅、次のページへ
ページ上自然素材住宅・国産材住宅 トップページ