伝統工法で昭和レトロ風住宅の施工例
国産材と自然素材住宅専門:全国無料見積サービス

伝統工法の昭和レトロ風住宅
無料見積を複数社に一括依頼! 伝統工法には木組みの美しさがあります。さらに『昭和レトロ風住宅』にも若い世代に人気が出てきました。しかし、技術的に工務店が限られ、建築費も高くなります。地元の周辺地域で国産材の家を造りたい方から『見積申込み受付中』です。です。

伝統工法の昭和レトロ風住宅の特徴

こだわりのある方々から『伝統工法の家造り』に関心が高まりつつあります。『伝統工法』は日本建築古来の木組み方法があり、耐震強度も強いものです。竹木舞壁(たけこまいかべ:竹で骨組みした土壁)と組み合わせることで、優れた調湿機能・断熱機能・清浄機能のある居心地の好い住まいができます。昭和レトロ風スタイル・和風スタイルが似合います。

ご契約の経緯

「娘が重度の化学物質過敏症なので安全な住宅を建てようと、地元中堅建築会社にお願いしたところ、2,600万円でも出来ないと言われ、さらに建築費がドンドン高くなるので心配で……」とのご要望で、周辺の建築会社と設計事務所の計13社に対して【公開募集(匿名・匿住所)】をしたところ、こちらの工務店1社だけが参加。一切の化学物質を避け、得意の伝統工法で、2,000万円で建築することなりました。

伝統工法の住宅データ

建築場所:愛知県常滑市
建築の階数:平屋
間取り:3LDK・ロフト
延べ床面積:約72.6m2(約24坪+ロフト1坪)
建築費用:約2,000万円(※一切の費用を含む)
建築の形態:木造在来工法(伝統工法を含む)・住居専用
建築の外観:昭和レトロ風(徳島産焼き杉板・漆喰壁)
建築の内装:昭和レトロ風(漆喰壁・杉板床・白御影石玄関)
主な使用木材:三重県産桧・杉・コウヤマキ・ケヤキ
完成引渡日:2010年(平成22年)3月
設計施工:三重県の工務店

見積申込み・ご相談方法

お客様の地元で公開募集お住まいの近くで、伝統工法の昭和レトロ風住宅が得意な工務店と設計事務所の40社前後に(未登録も含む)当サイトから見積参加の打診をします。

紹介建築会社様や設計事務所様には、伝統工法の昭和レトロ風住宅施工例がございますから、ご要望に近い施工例を見せていただくことができます(▼下の写真は当サイトが紹介した完成施工例の一部です)

昭和レトロ風住宅を伝統工法で(愛知県常滑市)

伝統工法住宅、外観
昭和レトロ風住宅 伝統工法の昭和レトロ風住宅の外壁は焼き杉と漆喰でコントラストよく仕上げてあります。

外塀や駐車場などの外構工事は工事中です。
伝統工法の家 欧風スタイルが多い周辺で、昭和レトロ風住宅に、ここだけ時代を昭和にタイムスリップした感じで、近所の評判は上々のようです。
伝統工法の昭和レトロ、外観 切り妻屋根ですっきりとして、どこか懐かしい雰囲気があります。

通りがかりの人に「立派な家ですね。どこで建てたのですか」と、よく訊かれるそうです。

伝統工法で昭和レトロ風住宅の施工例
国産材と自然素材住宅専門:全国無料見積サービス

前のページへ一覧表へ伝統工法で昭和レトロ風住宅、次のページへ
ページ上自然素材住宅・国産材住宅 トップページ