推奨仕様の参考【構造〜建築部材】

推奨する仕様
自然素材と国産木の家専門の建築を推進している以上は、ご予算の範囲で当サイト運営者の推奨する仕様に沿ったものであることを願っております。※規格型住宅ではありませんから参考資料です。

日本列島は気候風土に違いがある

今では、沖縄から北海道に至るまで同じ建築内容で建てることなど誰も考えません。まして、自然素材と国産材主体の建築となれば、なるべく地元産の材料を優先することになります。農作物では早くからそのような傾向にあります。

現時点でなるべく身体に安全なもの、建築強度と居住性に適うものを使用するように、各業者には配慮していただきます。それでも、ご予算・地域性・技術能力・設計センス・嗜好により違いがありますから、十分にプランの協議を重ね、納得した上でご契約ください。

参考仕様例【構造〜建築部材】

外壁下地用ボード

▲外壁下地用ボード

外壁下地は合板やパーティクルボードが一般的ですが、当サイトでは非推奨です。

ボードは防火性と粘り強さが要ります。左のダイライトなどの火山性ガラス質でできたボードが価格の面からは基本です。

ご予算やお好みで杉板の木摺りか、やや高額ですが、右にあるようなモイスなどの自然素材があります。※ご予算の範囲で選択になります。

伝統構法の木組み

▲伝統構法の木組み

竹小舞と組み合わせて用いたい工法です。

込み栓・鼻栓・長ほぞ・渡りあごなどの組み方があります。日本古来の美しい組み方です。※伝統構法の木組みは手刻みが多く、金額がアップします。

竹小舞と土壁

▲竹小舞と土壁

古民家風・和風には施工してほしい伝統構法のひとつです。外回りだけでも施工可能です。エコで人気がありますが、特別に断熱性が高いわけではありません。

わずかに安い木小舞もあります。 ※竹小舞土壁は金額がアップします。

自然素材の家に使用する断熱材

▲自然素材の家に使用する断熱材

当サイトでは断熱効果の弱いグラスウールは当サイトでは非推奨にしてあります。

左は羊毛です。右は壁と床はセルロースファイバーで、天然の木質繊維のことです。

他にパーフェクトバリア・フォレストボード・炭化コルクなどがあります。※ご予算の範囲で選択になります。

自然素材の塗り壁

▲自然素材の塗り壁

健康志向のせいか、若い世代にも塗り壁を好む方が増えています。

左は漆喰コテ仕上げで、右は我が家で、けいそう聚楽壁に茶系の顔料とワラスサを入れて古民家風に仕上げました。

人気の火山灰土・貝殻などでコテ仕上げにも出来る。他に安全なクロス・板材・和紙・ボード類も可能です。※ご予算の範囲で選択になります。

古民家風住宅の子供部屋

▲腰板・床板・建具など

主に杉材は地元産の流通量が不足していて他県産の方が安いことがあります。節がありますが、それだけに、生活して行く中での汚れは気になりません。節が少ないほど上品で、価格は高くなります。

表面は蜜蝋ワックスやリボスなどの自然塗料で保護しておいた方が良い。ご自分で簡単に塗れます。

桧材・松材・ナラ材・ウォールナット材などがあります。台所は汚れますからメンテのことを考慮して、樹脂系の新建材を選択肢に入れるのは現実的と考えます。※ご予算の範囲で選択になります。

推奨仕様の参考【構造〜建築部材】

pagetop