設計デザインの参考【キッチン】

キッチンは使いやすさが優先
キッチンは住宅の中でも頻繁に作業をするスペースになります。どのようなデザインであっても機能的でメンテナンス性が良いことが求められます。

幅広いデザインと価格帯のキッチン

キッチンの各メーカーは懸命に商品開発をしており、幅広いデザイン・価格帯で新製品を次々に発表し、選択肢が多いので悩みますが、ショールームに行くのは楽しみでもあります。

現時点でなるべく身体に安全なもの、建築強度と居住性に適うものを使用するように、各業者には配慮していただきます。それでも、ご予算・地域性・技術能力・設計センス・嗜好により違いがありますから、十分にプランの協議を重ね、納得した上でご契約ください。

参考デザイン・仕様【キッチン】

古民家風の家、キッチン

▲古民家風の家、キッチン

こちらのお宅では、わざわざ古民家風なキッチンにして、全体の調和を取っています。しかし、頻繁に水や油を使い汚れやすいことを考えると、メンテナンスのしやすい最新式の中から、ふさわしデザインのものを選ぶのが良いと思います。

モダンレトロ風の家、キッチン

▲モダンレトロ風の家、キッチン

白の人造大理石で衛生的ですが、モダンレトロな雰囲気を作るのに外回りにデコラ張りに似せてレトロ感を出しています。こちらのお施主様はこだわりがあり、大正モダンスタイルを再現したいとの願いを持っていらっしゃいましたが、やってくれるところがなくて当サイトにこられました。

昭和レトロ風の家、キッチン

▲昭和レトロ風の家、キッチン

オールステンレス製で扉なしのを設置しました。お嬢さんが重度の化学物質過敏症だったからです。システムキッチンの木部には防腐剤や防虫剤が染み込ませてあり使えないからです。昭和前半の時代を感じさせるにはダイニングセットの選び方も大切です。

和風の家、キッチン

▲和風の家、キッチン
オシャレな和モダン住宅です。システムキッチンのトップにワインカラーの人造大理がアクセントになっています。本格和風であっても水回りは、使い勝手の良さを優先して考えましょう。

欧風の家、キッチン

▲欧風の家、キッチン

欧風キッチンに合うように手作りしました。可愛いタイルを貼った流し台や、木製で作ることも出来ますが、汚れや破損をしやすいことを覚悟の上で採用してください。最近は既製品の中にも欧風スタイルのがあります。

現代風の家、キッチン

▲現代風の家、キッチン

特別なものでなくても、白や金属を用いるとシンプルな現代的な雰囲気になります。オールステンレスも似合います。大胆にブラックやレッドなど原色のシステムキッチンもアクセントになりますが、強い色は飽きがきます。

ロッジ風の家、キッチン

▲ロッジ風の家、キッチン

板張りの山小屋風なら、システムキッチンも無垢板を貼りたいところです。それなら表面は安全なリボス塗料などでしっかりと撥水処理をすることです。とは言え、特にこだわる必要はありませんが、メンテナンス性の高いものが良いでしょう。

土壁伝統構法の家、キッチン

▲土壁伝統構法の家、キッチン

こちらの床は滑らないようザラついたビシャンかバーナー仕上げの御影石を敷いてあります。キッチンは業務用のステンレス製でメンテナンス性を重視しての選択です。伝統構法の家はレトロなデザインが似合うでしょう。

古民家再生・移築再生の家、キッチン

▲古民家再生・移築再生の家、キッチン

古民家再生は人気がありますが、浴室やキッチンなどの水回りは痛みが激しいので、そっくり交換になり、排水はしっかりとやり直します。デザインは古民家風でなくても、お好みで選べば良いでしょう。スペースは昔のままでは使い勝手が悪いので手を入れます。

設計デザインの参考【キッチン】

pagetop