推奨する住宅保証制度

もしも……に備えて
建築中の倒産・欠陥住宅・地盤沈下など、あってはならないことですが、家を一軒建てるには多くの心配があり、実際に業者が倒産したり、裁判で争っているケースも少なくありません。お客様の被る損害を最小限にするための備えです。
住宅保証

基本的には『地盤保証』『完成引渡保証 or 出来高払い設定』『瑕疵保証』の3点セットは必須です。
※JIO(日本住宅保証検査機構)を参考に掲載しています、他社の場合は確認してください。
※各社の内容は頻繁に更新されますから、必ず該当会社でご確認ください。

完成保証もしくは出来高払い 確認のこと 保証会社の【完成保証(完成引渡し保証)】 は条件が難しいために、地域の中小工務店では使えないか、高額な保険金額の割に補償金額が低いなど問題があります。

安全な方法として【5回以上の分割による出来高払い方式(後払い)】を提案します。具体的には、銀行や業者と相談してください。

ヒント工務店が保証会社に『JIOわが家の保険』を利用する場合は『JIO安心ローン(完成サポート付つなぎ融資制度)』が利用できます。各金融機関ローン窓口で相談ください。
瑕疵担保保証 業者の強制保険 住宅の引渡しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵については、建築した建築会社が手直し工事をします。

施工会社が倒産した場合はお施主様に支払われます。例えるなら、車の『強制保険』のような考えです。

参考 JIO(日本住宅保証検査機構)の場合(漫画でわかりやすく説明)

リフォーム万が一、リフォーム工事部分に不具合が生じた場合に、JIOは修補費用等を保険金としてリフォーム事業者に支払われます。
地盤保証 地盤調査に含むことが多い 地盤調査をしたのに地盤が原因で不同沈下などから、建物に損害が出た場合に備えて安心な保証があります。※念のために地盤調査会社に確認を。

ヒント住宅保証機構株式会社の場合、保険金支払い限度額は最高5,000万円(うち地盤修復費用2,000万円)保証住宅引渡日から10年間有効です。
当サイトが運営を中止した場合 ご契約は、お客様が決定された『建築会社』もしくは『建築設計事務所』との間で直接行われます。当サイトとお客様との間で金銭のやりとりや契約関係はありません。

したがいまして、仮に当サイトが突然に運営を中止することになっても、どこにも不利益が及ぶことはありませんからご安心ください。

推奨する住宅保証制度

pagetop